本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



Home  >  お知らせ  >  2014年度

平成26年度 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告会

  研究プロジェクト名:
  難治性疾患の新規診断治療法の創出に向けた遺伝子網羅的解析センターの構築

  プロジェクトリーダー
  藤田保健衛生大学総合医科学研究所分子遺伝学
  倉橋 浩樹 先生

   日時:平成27年2月21日(土)13:15〜16:00
   場所:外来棟4階402号室

  プログラム:
  研究成果発表
  13:15〜14:15
   第1部:遺伝子診断事業成果発表
    総医研分子遺伝学:稲垣 秀人
    「センター運用の現状報告・遺伝子診断および染色体構造異常解析の実際」
    小児科:石原 尚子 先生
    「遺伝子網羅的解析による小児難病原因究明への試み」
    産婦人科:西澤 春紀 先生(代理: 加藤 武馬 先生)
    「次世代シーケンサーを用いた着床前診断、出生前診断の取り組み」

  14:15〜15:55
   第2部:研究支援事業成果発表
    血液内科:安部 明弘 先生
    「RNA-seqを用いた新規融合遺伝子の探索」
    臨床遺伝学:市原 慶和 先生
    「血液疾患の原因遺伝子の同定と機能解析」
    七栗研究所:別府 秀彦 先生(代理: 稲垣)
    「NGSを用いた神経変性マウスのエクソーム解析」
    総医研遺伝子発現機構学:亀山 俊樹 先生
    「がん細胞特異的成熟mRNA再スプライシングが及ぼす影響の網羅的探索」
    総医研難病治療学:常陸 圭介 先生
    「長鎖非コードRNAの機能解析に向けた網羅的手法の応用」

  皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

  連絡先:総医研分子遺伝 稲垣秀人 (内線9392)

Copyright (c) Fujita-Health Univ. All Right Reserved.